廃車・事故車・不動車・放置車など、廃車無料.comはどんな車でも費用無料で買取ります!

廃車無料.com

日本全国・年中無休で対応!0120-953-298

廃車で自動車税が還付

廃車にすると自動車税の還付を受けることができる?!
毎年4月1日に車を所有している方に納付が義務付けられている自動車税。年度の途中で手放すと残りの自動車税を支払った期間分、損した気分になりますよね。車を手放した後は月割り計算で自動車税の還付が受けれるのはご存知でしょうか?
自動車税の還付を受けるには、まず車を廃車にする必要がございます。
廃車には永久的に車が使用できなくなる「永久抹消登録」と公道を走れなくなる「一時抹消登録」の2種類があります。
どちらの場合であっても、登録が完了した翌月から税を納めた翌年3月まで自動車税が月割り計算で返ってきます。
ただ抹消登録の手続きが完了しても自動的に還付され、その場で受け取れるわけではございません。そういった自動車税にまつわる様々な疑問にお答えしてまいります。

自動車税ってなに?

自動車税納付期限のイメージ 自動車税、軽自動車税とは車検証に記載のある都道府県や市町村から課せられる税金で、自動車税は都道府県税、軽自動車税は市町村税と納めるところも違います。
では自動車税は何に使われるのと疑問に思う方もいると思います。
自動車税は普通税の扱いとなり、地方財政を支える重要な財源として管理されています。ですので、国ではなく、お住まいの都道府県が管理をしています。

自動車税の通知はいつ??

自動車税の納付通知は、毎年4月1日時点で車の所有者に対し、その年の4月から翌年の3月までの1年分の自動車税の納税通知書兼納付書が5月上旬に郵送されてきます。納付書はコンビニや金融機関などで支払うことができます。
また住んでいる地域によってクレジットカードで支払う事も可能となっております。

クレジットカードで支払う場合の注意点
  • 支払う額に応じた決済手数料別途かかってきます
  • クレジットカードの支払いが完了しないと納税証明書発行されません。
    自動車税納付後にすぐに車検を受けたい場合は、納税証明書がないため、車検を受けることができない可能性があります。

自動車税が割高になる??

「自動車税のグリーン化特例」という政策をご存知でしょうか?
新車登録から定められていた期間を超過した車は、重課税として自動車税に上乗せして支払わないといけません。
ではどういった車が課税対象になるのかと言いますと、

車の課税対象になる対象の車

  • ガソリン車やLPG車新車登録から13年を超えた車は15%重課
  • ディーゼル車新車登録から11年を超えた車は15%重課
  • 軽自動車新車登録から13年を超えた車は20%重課

車を大切に長く愛用しているだけで、税率が高くなるのは疑問に思いますが、これだけの重課がかかってくのは、覚えておいてください。

自動車税を納付しなければどうなるの?

自動車税の納付期限は毎年5月31日と設定されています。
「納付するのを忘れていた」「金額が高いため払えない」「車に乗らないから払わなくていいんじゃない」と理由はあると思います。
ただ自動車税を納付せず、そのままにしておくと20日以内に「督促状」が届きます。
そして最終通知として「差押警告書」が届き、「○月○日までに納付しなければ、差し押さえます」と具体的に明記された書面が届きます。「差押警告書」が届いても払わなければ、愛車、給料、口座の差し押さえなどに入り、給料差し押さえの場合、会社にも通知が行きます。払わないと車の所有者以外にも迷惑をかけることになるので、自動車税のお支払いは忘れずに。

自動車税納付期限のイメージ

自動車税納付期限までに自動車税が払えない時は…。

払いたいけど払えない場合はどうすればいいのか。
その場合、分割払いにしてもらうのが現実的だと思います。もちろん車を所有したまま、乗り続けられます。
対応としては、自動車税の納付が届いた時点で忘れないうちに相談しましょう。払えない理由や毎月これぐらいなら払えるなど具体的な返済計画を立ててから、連絡をするのがベストです。
連絡先は管轄の都道府県税事務所で対応いただけます。

自動車税ってどれだけかかるの?

自動車税ってどれだけかかるのか事前に把握していれば、準備もできるかと思います。
自動車税の税額は用途や排気量によって変わってきます。排気量が一番小さな自動車は軽自動車ですので、自動車税は軽自動車が一番安く、0.5リットルごとに自動車税額が変動します。
下記は一般的な自動車税額となります。

排気量が1リットル以下 29,500円
排気量が1リットル超~1.5リットル以下 34,500円
排気量が1.5リットル超~2リットル以下 39,500円
排気量が2リットル超~2.5リットル以下 45,000円
排気量が2.5リットル超~3リットル以下 51,000円
排気量が3リットル超~3.5リットル以下 58,000円
排気量が3.5リットル超~4リットル以下 66,500円
排気量が4.5リットル超~6リットル以下 88,000円
排気量が6リットル超 111,000円
自家用軽自動車は一律 7,200円か10,800円

※2018年5月20日時点の自動車税に関する情報です。
※グリーン税制に伴う軽課、重課の税率や減免措置により免除される税額については、今後変更される可能性もございます。

上記の表を見ていただいて分かるように、排気量が高いものは自動車税の年税額がかなり負担になります。
ですので、自動車税の納付通知書がくる4月までに廃車をご検討される方が多くおられます。年式が古かったり、多走行車などで廃車をご検討の際は、廃車無料ドットコムまでご相談ください。

自動車税を返金してもらうには

毎年4月1日に車を所有している方には1年分の自動車税の納付が義務づけられています。自動車税を1年分納付したものの、年度の途中で車を手放すことになったら、残りの自動車税はどうなるのと疑問に思いますよね。
実際、車を使っていないので、本来自動車税を支払う必要はありません。
なので車を手放した翌月から月割り計算で自動車の還付を受けることができます。廃車とは車を物理的にスクラップ・解体するのではなく、公的な書類手続きで抹消登録が完了していることを指します。それは運輸支局で車の抹消登録を行うことで廃車として扱われます。抹消登録には「永久抹消登録」と「一時抹消登録」があり、こちらを行わないと、自動車税の還付も受けれませんし、自動車税の支払いも止まりません。

自動車税はどうやって返金されるの?

自動車税の還付金を確かめる夫婦 自動車税の還付金は廃車が完了したら、自動的に返金されるものではございません。
廃車が完了してから2~3ヵ月後に管轄の都道府県から支払通知書が届きます。
そちらに記載のある支払い指定銀行の窓口に支払通知書と本人の印鑑を持って、申請をしていただきます。
すると本人確認後に還付金額を受取ることができますが、受取り方法は各都道府県で異なってまいります。
東京の場合は還付金の金額によって手続きをする金融機関が変わってまいります。詳しくはご自宅に届く支払通知書を一読いただいて、ご確認ください。

廃車無料.comならすべてご案内いたします

コールセンターの風景 自動車税の還付について、ご説明させてただきましたが、いかがでしょうか。
自動車税の還付を受けるには、まず車を廃車にする必要がございます。
当社では動かない車や事故をした車など、
どのような車でも0円以上で買取をさせていただいております。
廃車の書類に関しても、手続きは複雑で時間がかかります。
どの書類が必要?どこで書類を受取る申請をしたらいいの??
そういったわずらわしくなる廃車の手続きもすべてご案内、代行させていただきます。しかもお客様に費用を負担していただくことは一切ございません。
なので、当社にお任せいただくと廃車にかかる費用は一切かかりません。
ご相談だけでもお気軽にお問い合わせください。

どんな車も0円以上で買取保証!
古い車、多走行車、ディーゼル車
事故車、動かない車、車検切れ
レッカー引取代、書類手続き代行すべて無料!!
廃車無料.comは、プロの専門スタッフが対応致します!
通話無料で携帯電話からでもご利用いただけます。
日本全国・年中無休で対応!
営業時間8:00~22:00
フリーコール 0120-953-298

廃車査定フォームへ >>