事故車は買取できる?事故車の定義と買取相場について

事故車は買取出来るの 廃車のコラム

車が交通事故や災害で傷つき乗れなくなったら、廃車や乗り換えを検討する方が多いでしょう。

廃車や乗り換えで事故車を手放す場合、事故車は買取してもらえるのでしょうか。また事故車の買取できる場合は、いくらくらいで買取してもらえるのでしょうか。

こちらでは、事故車の定義や事故車は買取できるのか、事故車買取査定について詳しく解説します。

廃車費用完全無料

事故車の定義とは

車の事故というと、走行中に他の車や歩行者にぶつかってしまった交通事故、発進・停車時に運転操作を誤って建物や電柱に擦った物損事故、縁石に乗り上げてしまった自損事故などがあります。このような事故によって車のボンネットがへこんだり、フェンダーやバンパーなどボディに傷がついた車は、すべて事故車になるのでしょうか。

事故車と修復歴車について

事故車の定義
事故車の定義

事故や災害で傷ついた車はひとまとめに、事故車と呼ぶことが多いです。しかし、実は車の損傷内容次第で、事故車と修復歴車に分かれることをご存知でしょうか。事故車と修復歴車は同じように思われるかもしれませんが、実は少し異なります。

事故車の定義、修復歴車の定義

中古車販売店が、車の買取依頼に来たユーザーとの査定時の交渉や会話時に「事故車」と使うのは、俗称としての扱いになります。俗称とは、普段の会話等に使われる呼び名のことであり、正式な名称ではありません。物損事故や人身事故などで交通事故に遭った車のことを、俗称して会話のなかで事故車と言ってはいますが、この時に「事故車」と呼ばれる車のすべてが修復歴車に該当するわけではないのです。

引用:事故車と修復歴車の定義を解説!修復歴車は価値が下がる?

まず、事故車とは交通事故、自損事故、物損事故等をおこした車のことです。例えば、信号機のある交差点で停車中、後ろから他の車が接触して小さなへこみ傷ができても事故車となります。狭路走行中に溝に脱輪し自損事故をおこした車も同じく事故車です。しかし、このように小さなへこみ傷があったり、タイヤ周りにガリ傷ができても、修復歴車になりません。事故車でも、修復歴がある車になるかどうかは損傷箇所次第なのです。

修復歴がつくかどうかの定義は、日本自動車査定協会(JAAI)によって決められています。修復歴の定義は、事故や災害等で車の骨格等に欠陥が生じた車、または欠陥が生じた部分を修復や部品交換した車のこととなっています。車の骨格(フレーム)といわれる部分は、ボンネットタイプの車であれば以下の箇所になります。

  • フレーム(サイドメンバー)
  • クロスメンバー
  • インサイドパネル
  • ピラー
  • ダッシュパネル
  • ルーフパネル
  • フロア
  • トランクフロア

事故車と修復歴車の違い

事故車は事故にあった車のことですが、そのなかでも骨格等に欠陥が生じていると修復歴車になります。修復歴車は骨格等に欠陥があるか欠陥部分を修理したことがある車のため、商品価値の下落が大幅に見込まれます。日本の中古車市場では、修理をしていて走行に問題ない修復歴車でも、買い手側の査定評価が厳しいため再販が難しくなっています。

事故車と修復歴車の違いは査定評価だけでなく、販売時の情報開示義務においても異なります。中古車を販売するお店では、修復歴の有無について必ず開示しなければいけませんが、事故歴の有無を伝えるかどうかはお店側の任意申告となります。修復歴に該当する所以外の、ヘコミ傷や擦り傷がある車の事故歴については、特に開示義務がありません。

ただし、中古車として販売中の車に傷等が見当たらなくても、修復歴が有ると書かれていれば、過去に事故や災害で損傷を受け修復や部品交換をしたことがあるということです。中古車を購入する際は、修復歴の有無は必ず確認するようにしましょう。

事故車は買取できる?

事故車買取のポイント
事故車買取のポイント

事故で損傷し、修復歴の定義にあたる箇所に欠陥が生じた車は、価値も下がっているため買取依頼は難しそうと思われるかもしれません。このような事故車を手放すには、廃車するしかないのでしょうか。

事故車は買取してもらう方がお得

実は、事故車や事故修復歴がある車でも買取りしてもらうことが可能です。

事故車を修理して乗り続けるにも修理費用がかかりますし、修理せずに所有していても維持費がかかります。また修理せず自分で廃車しようとしても、手間や時間、費用もかかりお得とは言えません。事故車を手放すのであれば、買取してもらう方法が一番お得なのです。ただし、お得に買取してもらうには、費用で損をすることがないか、どんな事故車でも買取できるのか確認する必要があります。次項では、お得に事故車を買取してもらえる業者の選び方を解説します。

事故車を買取できる業者を選ぶ 

事故車や事故修復歴車も買取できる車買取業者はありますが、車買取業者を選び間違えると、買取りを断られたり、廃車費用が請求されて買取額が少なくなってしまうことがあるため、業者選びは慎重にする必要があります。

事故車買取ができる業者選びのポイントは、どんな事故車でも買取りできるように自社で再販ルートをもっていて手続きや作業に負担がかからない、廃車買取に強い業者を選ぶことです。廃車買取に強い車買取業者は、一般的に中古車といわれる車だけでなく、動かない車や事故車の買取後の再販ルートも自社で確保ができています。例えば車としての再利用ができない事故車でも、車から取り出した部品や部材はリサイクルができるため、リサイクルして必要な業者へ再販するルートがあれば買取が可能となります。特に、中古車部品や金属素材などは、国内だけでなく海外でも需要が高いため、国内外に販路をもつ廃車買取業者であれば事故車買取査定でも査定額がつきやすいでしょう。

また、廃車買取に強い業者は、廃車手続き代行や廃車引取りのレッカー車の手配も自社で用意していることがほとんどで、依頼する側の費用負担が抑えられています。

その車0円以上で買取します

事故車の買取相場はどのくらい?

事故車の場合は車の状態次第で買取査定額が変わりますので、買取相場というものは基本的にはありません。相場がないため、買取業者に提示された査定額が適正かどうか判断するのも難しくなっています。こちらでは、事故車の買取査定を受ける時にポイントとなる部分をご紹介します。

事故車の買取査定のポイント

事故車買取相場
事故車買取相場

事故車の買取査定を受ける場合、まず修復歴の定義にもなっている車の骨格等の欠陥が生じているかどうかがポイントになります。乗用車の構造として、外部から事故等で衝撃を受けたときは車室部の前後で衝撃を吸収し、車室の安全を確保する仕組みをもつ車がほとんどとなっています。そのため、乗用車の車の骨格に欠陥が生じると、車全体に波上に影響が出るため、事故車から取り出すリサイクル部品等にも影響がでることがあります。

事故車買取査定前は修理するべき?

事故車の買取査定を受ける前に、損傷箇所を修理したほうが良いのでしょうか。

実は、事故車買取で車を修理しても、買取査定で大きくプラスになることはありません。修理費用にかかった金額よりも、買取査定額が高くなるということはほとんどないでしょう。もしも保険料によって修理負担はかからないといった場合でも、自損や物損事故で他者の保険ではなく、ご自身の車両保険を利用し修理をされるのであれば、保険は使用されないほうがお得な場合があります。特に、事故車を手放して次の車に乗り換えるといった場合、保険を利用せず、そのままの状態で車を売却することで等級を落とすことなく保険の引き継ぎを行った方が、将来的にも得になることがあります。

まとめ

事故車の買取はできるのか、どんな車を事故車というのかなど、事故車について詳しく解説しました。

事故車は、上手に車買取業者を選ぶことで、損をせずに事故車買取してもらうことができます。特に事故修復歴のある車は中古車としての再販価値が大きく下がってしまいますので、追加費用がかからず、どんな車でも買取り可能な廃車買取に強い買取業者に見積をとってみることをおすすめします。

今回ご紹介した事故車の定義と修復歴車の定義は、事故車の売却時だけでなく中古車を購入するときにも参考になる内容ですので、お役に立ちましたら幸いです。

廃車のことなら廃車無料.comにおまかせ!今すぐ無料査定スタート
廃車のことなら廃車無料.comにおまかせ!今すぐ無料査定スタート

廃車無料.comは日本全国で廃車買取を行っています。それぞれの都道府県の廃車買取事例や、運輸支局・軽自動車検査協会など廃車に役立つ情報を紹介しております。

タイトルとURLをコピーしました